• tusentackforeveryo

特定社会保険労務士の福岡です

更新日:2021年7月21日

 初めまして。特定社会保険労務士の福岡でございます。

 このブログを始めるにあたり、自己紹介をさせていただきます。

 私は、大学を卒業後、社会福祉業界で人事労務・総務の役割を担う職員として社会人をスタートしました。このスタートを機に、後に社会保険労務士の資格を知ることになります。しかし、この資格を得ることになったのはおよそ15年後です。

 この間、社会人として働きながらスノーボードをしておりました。途中、ビックキッカーといわれるジャンプ台から転倒、腰(仙骨?)の骨折という怪我をきっかけにハーフパイプという競技になぜか興味を持つことに。「ハーフパイプ競技でプロ資格を取ろう!!」と、夏は室内のハーフパイプスキー場で練習、冬は大会参加という生活を送りました。なんとか全国大会にも参加、地区大会ではクラス別で3位の表彰台にあがることができましたが、全国大会のレベルは別格でした。

 スノーボードから離れ、何かプロの資格を、、、、と思い、仕事として長く関わった人事労務の専門家になろうと決意、勉強を重ねて社会保険労務士の資格を取得することが出来ました。私の場合、取得までの道のりは簡単ではなく、以前からなんとなく勉強をしていたものの、スノーボードから離れたあと本気で挑戦。通算6回受験(うち2回はなんとなく受験。スノーボード引退後4年連続で受験、4回目で合格)しました。

 資格取得までの間、社会福祉業界(介護等)や医療業界、社会保険労務士事務所で仕事を学ばせていただきました。世の中の皆様に貢献したい、お役に立ちたい、そんな決意や具体的なイメージをもった年の試験で合格できたことはとても感動したことを今でも覚えています。

 至らぬ点がまだまだありますが、これからも精進してまいりますので、特定社会保険労務士の福岡を知っていただけますと幸いです。

 

 みなさま、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


最新記事

すべて表示

特定社会保険労務士の福岡でございます。今年も残り3か月を経過していようとしています。昨年からのコロナ禍において肉体的にも精神的にも厳しい日々をお過ごしのことと思います。どうかご自身のお体を大切になさってください。今回は介護労働安定センターによる同調査の概要をおまとめします。介護業界では他産業と比較して低水準であり処遇の改善に向けて底上げの施策を実施しています。一昨年10月からスタートした、特定処遇

特定社会保険労務士の福岡でございます。中小事業主の職場におけるパワーハラスメント防止措置がいよいよ義務となります。職場におけるパワーハラスメント対策については、労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律(改正労働施策総合推進法)が既に令和2年6月1日から施行されており、中小企業は令和4年4月1日から法の措置が義務付けられることとなっています。 ここで、パワハラと

こんばんは。厚生労働省より、以下プレスリリースです。 新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえない保護者の皆様を支援するため、今後、以下のとおり、「小学校休業等対応助成金・支援金」制度を再開するとともに、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の仕組みにより、労働者が直接申請することを可能とする予定です。 詳細は改めて公表とのことです。 https://ww